転売.jp

転売.jp

TOP >> ニワカ転売屋まとめ >> 1)転売商材の選定
 
menu

1)転売商材の選定

どういった物を転売商材として目をつけていくかを考えていきたいと思います。

転売される物というのは大きくわけて2種類
1)「需要>供給」という状態の物
2)「特別安く買えた物」

となると思います。

さらにそれがどういった物なのかを少し詳しく書いておきます。

1)「需要>供給」の物
どういう物が「需要>供給」という状態になりやすいかと言うと、、、
・限定品、人気商品、供給がいつも少ない物、イベント限定品、特定地域のみの商品、絶版品、メディアで取り上げられた物、海外から、etc...

2)「特別安く買えた物」
どういう場合に「特別安く買えた物」(特別安く買える)かと言うと、、、
 ・セール品、まとめ売りの物をバラして、二個イチ、問屋・メーカーの知り合いから、海外から、etc.....

さらに補足・・・

2)の「特別安く買えた物」に関しては、セール品はセール品情報を集めるだけ、二個イチはオークション等でジャンクを購入し修理して完動品として売るという技術があるかないか、問屋・メーカーからというのはつてがあるかどうか、海外からというのは日本と海外との価格差の大きいものをオークション等で探るだけ、という感じで説明は不要かと思います。

1)の「需要>供給」の物に関しては、
・amazon、他ネットショップ、オークションの動向をチェックしないといけない物
・動向をチェックしなくても文句なしに高値で売れてしまう物

に分けられます。

最近で言うとWii、DS、アニヤエコバック、CCFF同梱版等の誰もが「需要>供給」と気付く物は、動向チェック不要、説明不要でとにかく全力で予約なり購入すればいいだけです。

次にオークション等の動向のチェックが必要な「需要>供給」になるかどうか微妙な物について書きます。
フィギュア、アニメDVD初回盤、アイドルCD初回盤、ゲーム初回盤、コミック初回版等が毎月、毎日の様に発売、発表されいます。その中で、どれに目を付け、相場動向をチェックして行くかを決めます。ま、全ての商品を確保して、動向をチェックするというなら何も考える必要は無いのですが、それは現実的じゃないですよね^^;

このあたりは良く「センス」だとか「先見の明」という言葉でごまかされがちですが、実際はみなさん過去に販売された商品と比較したり、参考にしたりしてチェックする商品を選別していると思います。

どういう部分を比較、検討の材料にするかというと、
過去に販売された同シリーズもしくは同カテゴリ商品、似たような商品の転売状況と、それがどうして転売されたか?要するに「需要>供給」になった理由、要素と目についた商品の同要素を比較します。

大雑把に言うと売れる要素は以下の様に解体できると思います。
・販売数(限定数○○だとか、いつも供給の少ないメーカーだとか)
・出来具合(物によりますが、見た目とか内容とか)
・価格
・ベースになる商品、キャラの人気

もちろん商品によって売れる要素は全然異なりますから上記要素以外にも色々と考えられるはずです。ま、チラっと考えればいくらでも考えられますよね?^^

それとそのaucfan.com等の過去のオークション相場をチェックできるサイトで、過去の類似商品の発売日付近と最近のオークション相場もチェックして、時間経過と比例して相場も上がるのか下がるのか等も調べます。
aucfan.com
落札されました

と、こんな感じでテキトーに動向をチェックする商品、スルーする商品を選別します。


※他にも販売数の多くない商品が多いアニメ、コミック関連の店舗限定特典商品等を品切れになるまで寝かせて、品切れ後に適当な値段をつけてゆっくり転売するというやり方等色々ありますが、そういうのは結局ギャンブル的な要素も大きくなりますし、同じ事をやる人がちょっとでも増えたら厳しい状況になりがちなのであまりおすすめはしません^^;ま、趣味ついでにやるならいいと思いますが^^

以上で転売商材の選定はおしまいです。
で、ここは案外どうでもいいです^^;だって目についた商品を全部チェックしたっていいんですから^^;

0)はじめに
1)転売商材の選定
2)情報集め
3)転売商材の購入
4)転売商材を売る
5)まとめ


★ポチポチ転売カレンダー^^
2007年 08 09 10 11 12
2008年 01 02

★ニワカ転売屋まとめ
0)はじめに
1)転売商材の選定
2)情報集め
3)転売商材の購入
4)転売商材を売る
5)まとめ

★メタ検索

★ランキングチェック

★転売店長ブログ
転売店長 改め カタコト上手

 
copyright © 転売.jp all rights reserved.